フライパンもってNYへ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日米リトルリーグ比較

<<   作成日時 : 2016/06/25 20:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この2年、息子S君が所属していたNY市の「フォレストヒルズ・リトルリーグ」を通して、日米のリトルリーグの違いを

肌で感じたので気づいたことを書いてみたい

@人種が多様・・・アメリカ(NY)という土地柄もあり、人種が多様だった。S君のチームのコーチルイスは、中南

米系。アジア系の子供は2割。白人系は6割。ヒスパニック系2割等。


A練習が少なく、試合が多い・・・ほとんどのスケジュールは、試合で全体練習は少な目。日本の少年野球が毎

             回練習、時々試合なのと逆だった。近年の日本人メジャーリーガーの活躍で、練習を大事

             にする日本の野球が一目置かれているらしい。

B時期が短い・・・3月にリトルリーグの練習が始まった後、4月初旬に開幕トーナメント戦が、5            
            月の後半まである。その後オールスター戦を経て、6月中旬プレイオフズで優勝決定となる。

            学校が終わる6月末には、リトルリーグは終了する 

その後は夏休み違うスポーツをしたり、ほかのキャンプに行ったりする子供もいる。

もし1年中、野球をしたい子供はトラベルチームに入ったり、自主練習する、といった具合だった。

S君の友達のジェイコブは、リトルリーグが終わると、サマーキャンプ→秋冬は(NYはさむいので室内の)バス

ケットボール→また春からリトルリーグ開始という年間スケジュールらしい。

私は日米のリトルリーグの違いや良さを肌で感じ、コーチルイスを始めコーチフィル等いろんな人に豊かな経験

をさせてもらったことに感謝している

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日米リトルリーグ比較 フライパンもってNYへ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる